賃貸の引越し手続きのとき、トラックに乗せてもらえないケースが多いです。作業員が乗っているからです。

賃貸へ引越す場合の手続きの仕方

賃貸へ引越す場合の手続きの仕方

賃貸の引越し手続きで引越しトラックに乗せてもらえるか

得意先に商品を届けるとき、自社にトラックが無いために運送業者に配達を依頼することがありました。ドライバー一人なので、助手席が空いています。この業者の場合、同乗させてもらうことができるようになっていました。出発地から目的地まで乗ることができ、荷物をおろしたあと再び出発地まで戻ってくれることも可能でした。料金はどのパターンでも同じとのことです。このようなことがあるとどのような運送業者でも同乗させてくれると思ってしまいます。

賃貸の引越をする手続きの中で、新居への移動があります。車を持っていたり、近くであれば特に移動に問題はありません。しかし、鉄道などを利用するところならそれなりにお金がかかります。そこで考えるのがトラックの助手席に乗せてもらえないかです。この事については、まず助手席には既に作業員さんが乗っていることがあります。そのために乗る場所がありません。それで断られることがあります。助手席が空いていれば乗せてもらえるかです。

業者にもよりますが、大手になれば乗せないように決まりを定めているところがあります。荷物に関しては保証をしていますが、人に関して何かがあったときに責任が取れないからです。そのことを踏まえて対応しましょう。

その他の記事

Copyright (C)2017賃貸へ引越す場合の手続きの仕方.All rights reserved.