賃貸の引越では、カーテンを注文して取り付けるのに期間があります。ある業者はカーテンのレンタルをしてくれます。

賃貸へ引越す場合の手続きの仕方

賃貸へ引越す場合の手続きの仕方

賃貸の引越においてカーテンをレンタルする

新居に引っ越しをして新たな生活を送ろうとすることがあります。無事荷物も運び入れて、生活が出来る状態ではあります。あとはカーテンを取り付ければ良いだけなのですが、カーテンに関しては窓のサイズにピッタリのものを取り付ける必要があります。用意がいい人は、物件の下見のときにサイズを測っておき、既に作っている人もいます。引越のときに取り付けてしまう人もいるでしょう。のんびりしている人は、荷物を整理して気づくこともあります。

賃貸への引越においても、作業が終わってカーテンが必要なことがわかりました。なくて生活に困ることはありませんが、プライバシーの面や、風の吹き込みなどを防ぐにはほしいです。ある引越し業者においては、カーテンのサービスをしてくれています。提携しているカーテン業者を紹介してくれます。そちらに注文をして、後日取り付けてもらうようにしてくれるのです。では、それが届くまでの間はどうするのかです。カーテン無しになってしまいます。

そちらの業者では、カーテンをカーテン業者に発注している間にレンタルをしてくれます。窓にピッタリのものや、好きな色合いのものでないこともありますが、一時的に目隠しをすることはできます。嬉しいサービスの一つです。

その他の記事

オススメのサイト

Copyright (C)2017賃貸へ引越す場合の手続きの仕方.All rights reserved.