賃貸の引越しの手続きと言えば、最近では住民基本台帳法のことが頭に浮かびます。これを守る必要があります。

賃貸へ引越す場合の手続きの仕方

賃貸へ引越す場合の手続きの仕方

賃貸の引越しの手続きと住民基本台帳法

賃貸を引越すとなれば地方自体体に手続きをしないといけません。例えば、今住んでいるところの住所のままで新しいところに住むという状態を長く続けるのは良くありません。場合によっては住民基本台帳法違反となります。これは大袈裟なことではなくて誰にも適用されるものですから、たかが住所と思わない方が良いでしょう。基本的に引越しをする場合は現在住んでいる自治体の役所に行って転出届を出します。そして新しいところへ行ったら転入届を出すという流れになりますので難しいことは無いと思います。

これだけやってしまえばまずは安心といったところでしょう。仮に実家から上京して移り住むとします。そこで地元の役所に転出届を出していないとまた戻らないといけないことになります。時間もそうですしお金も掛かりますので、来る前にやっておいた方が良いと言えます。一旦、引越しをして実家の住所のままであれば、この時点で法律に違反しているという状態になってしまいます。転出入届を出していないと引越し先の役所から行政サービスも受けられないのです。住民票が欲しいとか問題があり行政に相談したいということであってもそこで、手続きをすると法律に違反していることが判明してしまいます。見つかった場合は罰金になりますので注意して欲しいと思います。

その他の記事

Copyright (C)2017賃貸へ引越す場合の手続きの仕方.All rights reserved.