賃貸の引越しで、いちばん忘れてはいけないのが子どもの転校手続きです。早めに学校に連絡しましょう。

賃貸へ引越す場合の手続きの仕方

賃貸へ引越す場合の手続きの仕方

賃貸の引越しでは子どもの転校手続きも

賃貸へ引越しするとき、最も忘れてはいけないのが子どもの転校手続きでしょう。各自治体によって細かいところは変わってくるそうですが、おおまかには、今通っている学校に転校予定を告げ、各種証明書をもらい、新しい市区町村へ提出して手続きをするという流れです。引越しと転校の予定がはっきりしたら、転出先の新しい住所と、いつまでこの学校に通うかということを担任の先生に申告しましょう。必要な書類をもらって、記入して提出します。記入の仕方などがわからなければ、担任の先生に聞いてみましょう。最後の登校日に、在学証明書と教科書給与証明書というのをもらうことができるそうです。これらの書類を市区町村役場へ持っていき、転出証明書をもらい、全部あわせて新しい市区町村へもっていくのです。

かなりめんどうではありますが、早めに済ませて置くといいでしょう。また、引っ越しても、事情でどうしても子どもに転校させたくないと言うこともあると思います。どうしてもという事情があれば、教育委員会で手続きし、「区域外就学申請」というのをすると、許可が出ることもあります。安全に通学できて、学校の運営上問題もなく、必要な書類もきちんと提出できれば認められる場合が多いようです。

その他の記事

Copyright (C)2017賃貸へ引越す場合の手続きの仕方.All rights reserved.