賃貸で引越しをする場合に困るのが車庫証明です。これは厳密に言えばその都度変える必要があります。

賃貸へ引越す場合の手続きの仕方

賃貸へ引越す場合の手続きの仕方

賃貸の引越しの手続きと車庫証明

賃貸に引越す場合に問題になるものの一つに車庫証明があると思います。住所が決まれば各種手続きは簡単に済ませられるものばかりです。現在の住所に変更手続きすると良いものばかりです。しかし車庫証明だけは極論を言えば車を停める場所をその都度持っていないといけないということになります。賃貸の場合は当然にそういったところがないという話にもなります。この場合ですが、車庫証明を最初に取ってそのままという人も実は多いです。例えば街で県外ナンバーを見ることがあると思います。

自分の地域ではない県のナンバーの車が走っていれば遠くから来た人かもしれないですし、また同じところに住んでいる人かもしれないのです。つまり車庫証明を以前に住んでいたところで取っていてそのままということです。それでも自動車を所有して普通に利用しても大丈夫と言えば大丈夫なのです。厳密に言うと法的には良くありませんが車検を通すこともその状態で可能だと言えます。新車の場合は不可能になりますが継続車検の場合はその状態で問題ありません。

仮に車庫証明を取るのであれば賃貸のオーナーに頼むという形になると思います。賃貸であれば駐車場を借りていると思いますのでそこの駐車場で車庫証明という形になるでしょう。しかし月極めの駐車場の場合には断られる可能性は十分にあります。車庫証明が取れない人は実家で取ってそのまま自動車を利用するというパターンもあり、やや法整備が未だに整っていない部分だと言えます。

その他の記事

オススメのサイト

Copyright (C)2017賃貸へ引越す場合の手続きの仕方.All rights reserved.