賃貸の引越し手続きにおいては、色がついたガムテープを利用します。荷物の区別をすることができます。

賃貸へ引越す場合の手続きの仕方

賃貸へ引越す場合の手続きの仕方

賃貸の引越手続きで便利な色付きガムテープ

配線の絶縁などをするときに使うことがあるのがビニールテープです。こちらについては多くの種類があります。黒や赤、白だけでなく、緑や黄色などもあります。たくさんありますから、たくさんのコードなどがあってもそれぞれ分けることができます。色で区別すればわかりやすいです。セロテープの場合は、透明なものが一般的です。色がついていると、貼った部分が見えません。あまり色がついているものは見たことがありません。あるかもしれません。

ガムテープも色が固定されているものの一つです。薄い茶色のような色をしています。賃貸の引越の時には、業者が用意してくれることもあります。自分でも用意しようと100円ショップに行ってみると、驚きました。ガムテープにも色付きの物があるのです。黒や赤、その他色鉛筆のようにきれいな色がありました。きれいな色も良かったのですが、少し高かったので、オーソドックスな色を選びました。後から引越し業者の人にアドバイスをもらいました。

実は、色付きのガムテープが重宝するとのことです。物によってガムテープを変えることで、目印にすることができるからです。目印用にわざわざ別のテープを貼らなくても、箱を作るときに色を付ければ二度手間になりません。

その他の記事

オススメのサイト

Copyright (C)2017賃貸へ引越す場合の手続きの仕方.All rights reserved.