賃貸において、引越の時には、照明器具の取り外しを行います。天井に固定されているものは別途依頼します。

賃貸へ引越す場合の手続きの仕方

賃貸へ引越す場合の手続きの仕方

賃貸に引越しのとき照明器具の取り外し

今は夜でも生活ができます。照明器具があるお陰です。白熱電球から、蛍光灯、今はLEDを使ったものが多くなっています。これから設置する場合はLEDになっていくのでしょう。取替えの頻度が減り、電気料金も減ると言われています。白熱電球に関しては、電球を取り外すだけになります。LEDタイプの電球に関しても、取り外すだけです。蛍光灯に関しては、いくつかの種類があります。固定されているものもあれば、コンセントにつなぐものもあります。

賃貸において、引越のときに照明器具をどのようにするかがあります。元々ついていなかったものは自分で取り付けたのですから、取り外すようにします。コンセントタイプのものは、天井でぶら下げるような仕組みになっているかもしれません。コンセントを外して、ぶら下がっている部分を外せば簡単に取り外すことができます。しかし、天井に取り付けられているものは簡単には取り外すことができません。工事が必要になることもあります。

賃貸に引越しするにあたって、照明器具を取り外すとき、工事が必要なら、電器店に聞いておきましょう。大手の引越し業者の場合は、照明器具の取り外し、取り付けをしてくれるところもあります。旧居のものが新居のものに合うかが問題です。

その他の記事

Copyright (C)2017賃貸へ引越す場合の手続きの仕方.All rights reserved.