賃貸への引越においては、ドラム式洗濯機では、搬送時にボルトが必要になります。それを締めて搬送します。

賃貸へ引越す場合の手続きの仕方

賃貸へ引越す場合の手続きの仕方

賃貸への引越でドラム式洗濯機で必要なもの

パソコンであったり、プリンターを購入すると、梱包材の中に色々な固定する部品が取り付けられていることがあります。これらについては、配送などをするときに揺れたりずれたりしないために取り付けられているもので、使うときには外すものになります。その後そこで使い続けるなら良いですが、もしどこかに移動させようとするなら、固定しておいたほうが良いでしょう。そうはいっても、そういった部品は既に捨ててしまっている事が多いです。

賃貸へ引越しするとき、ドラム式洗濯機を運んでもらいたいことがあります。通常の全自動洗濯機や二槽式の洗濯機の場合は、洗濯物は上から入れるようになっています。水平な状態で固定されています。安定しているのです。ドラム式の場合、入れる部分が斜めになっています。普段使う分には良いのですが、輸送などの場合、振動が大きくなりすぎると部品を傷めてしまうことがあります。それを防ぐために、固定具を取り付けていることがあります。

当初取り付けてあったボトルを締めて、運ぶ必要があります。引越し業者に置いても、ボルトを締めて置いてくださいと言われることがあります。もしなくした場合は、引越し業者や、メーカーに問い合わせしておきましょう。

その他の記事

Copyright (C)2017賃貸へ引越す場合の手続きの仕方.All rights reserved.