賃貸へ引越しするとき、ガス会社が異なるのであれば、ガス器具のカロリー交換をしないといけません。

賃貸へ引越す場合の手続きの仕方

賃貸へ引越す場合の手続きの仕方

賃貸への引越ではガス器具のカロリー交換の手続き

電気については、各地方の電力会社から供給されています。今日本においては、特定の電力会社を利用することはできません。その地域ごとに利用できる会社が決まっています。水道に関しては、市区町村の水道局が管轄をしています。こちらも各市区町村でしか利用することができないようになっています。電話会社も東西にわかれています。それぞれの地域によって、西日本の会社か、東日本の会社かになります。サービスはそれぞれ異なります。

ガスに関してはどうかといいますと、電気などと同じように地域によって会社が異なります。そして、それぞれの地域のガス会社から提供を受けることになります。会社が変わるだけで同じものだと思うかもしれませんが、ガス会社によってカロリーが異なると言われています。その地域でずっと住んでいると気が付かないのですが、賃貸へ引っ越しすると、その事情が見えてくると思います。ガス会社が変更になる時は、ガス器具の手続きが必要になります。

都市ガスからプロパンやその逆などは器具の交換が必要ですが、カロリーが異なる場合に関しては、カロリー交換を行うことで器具を使い続けることができます。ガス会社に依頼をしたり、引越の業者で対応するところもあります。

その他の記事

オススメのサイト

Copyright (C)2017賃貸へ引越す場合の手続きの仕方.All rights reserved.