賃貸において、引っ越しすると使えなくなる家電製品があります。ヘルツが違うと使えなくなるのです。

賃貸へ引越す場合の手続きの仕方

賃貸へ引越す場合の手続きの仕方

賃貸に引越するにあたって使えなくなる家電製品

日本は西日本と東日本に分けられることがあります。電話会社などがわかれていますし、鉄道会社もなんとなく日本の真ん中辺りで分かれているように思います。これらについては、便宜的に分けられているだけなのでしょう。それ以外に、分けられているものとして、電気製品の周波数があります。東日本においては50ヘルツになっていて、西日本では60ヘルツになっています。多くの家電製品では特に気にしなくて利用できるようになっています。

しかし、昔から使っているものなどでは、それぞれの周波数にしか対応していないものがあります。賃貸に引越をするときに、家電製品が特定の周波数にしか対応していないかどうか確認してみましょう。どちらも使えるタイプと、レバーなどで切り替えるタイプがあります。レバーで行えるものは誰でも行えます。引越し先において該当する方にして使うようにします。不動産業者に聞けば、引越し先の周波数について教えてもらえると思います。

使えない場合は、それを買い替えたりしなければいけませんから、元あるものを処分したりすることを考えます。そちらの地域でしか使えないものですから、持って行って新居付近で売却しようとしてもできないでしょう。

その他の記事

オススメのサイト

Copyright (C)2017賃貸へ引越す場合の手続きの仕方.All rights reserved.