賃貸への引越において、将来捨てる雑誌類の梱包において、紐がけではなくダンボールに入れるようにします。

賃貸へ引越す場合の手続きの仕方

賃貸へ引越す場合の手続きの仕方

賃貸への引越で雑誌類の梱包をする

雑誌については、見たらすぐに廃棄することもあればしばらく置いておくこともあります。IT関係や経済関係の物の場合、仕事に関係する記事が出ていることもあります。その時気づかなくても、あとで欲しくなる情報もあるのです。そして、1年ぐらい置いておいてから、捨てることがあります。そのために、自宅内には一定量の雑誌がストックされています。漫画の週刊誌をしばらく置いている人もいるでしょう。あとで読みたくなることがあるものです。

賃貸への引越のときに、雑誌類の梱包をすることがあります。本の梱包の基本はダンボールに詰めることです。専門書であったり、文庫本などもダンボールに詰めていくようにします。そうすると傷つきにくいです。雑誌の場合は、早晩捨てるものです。少々傷がついても構いません。わざわざダンボールに入れるのは面倒です。そこで紐がけをして持って行こうとする人がいます。廃品回収などではこのようにしますが、引越の時も良いかです。

業者によりますが、あるところでは紐がけはやめてくださいと言われました。結び目が解けるとそこで荷物がバラバラになってしまうからです。人によって結び方が異なるので、必ずしもきちんと結ばれているかわかりません。

その他の記事

オススメのサイト

Copyright (C)2017賃貸へ引越す場合の手続きの仕方.All rights reserved.