賃貸への引越しのとき、急須など蓋と本体がわかれているものは、別々に梱包すると割れにくくなります。

賃貸へ引越す場合の手続きの仕方

賃貸へ引越す場合の手続きの仕方

賃貸への引越で急須などを梱包する

蕎麦屋さんに行くと丼ものが置いてあることがあります。カツ丼であったり、親子丼であったりです。たぬきそばなどを頼むと、特に蓋などはついていませんが、カツ丼などの丼ものの場合は蓋がついています。冷めないようにの意味があったり、卵で閉じたあとに少し蒸らす意味合いもあるようです。牛丼店などでも蓋をつけているところもありますが、省略しているところもあります。蓋があるものといえば、他にお茶をいれる時の急須があります。

丼や急須に関しては、本体も蓋も同じ素材で作られています。陶器で作られていることが多いです。普通に使っていれば問題無いですが、たまに割れてしまうことがあります。蓋だけが割れた時は、本体のみで使うこともあります。急須の場合は蓋が割れたので使えなくなってしまいます。賃貸に引越しをする時、急須のように蓋と本体があるものについてはどのように梱包すればよいでしょうか。蓋を載せた状態で梱包しても良いのでしょうか。

正しい梱包方法としては、蓋と本体を別々に梱包します。両方とも陶器ですから、重なった状態で振動を受けると割れてしまうことがあります。わからなくならないように、たくさんある場合は番号などをつけて対にして梱包します。

その他の記事

オススメのサイト

Copyright (C)2017賃貸へ引越す場合の手続きの仕方.All rights reserved.