賃貸へ引越し手続きを取るとき、新居の見取り図があると作業も早く進み、住みやすくなると思います。

賃貸へ引越す場合の手続きの仕方

賃貸へ引越す場合の手続きの仕方

賃貸への引越手続きで新居の見取り図を作る

今住んでいる部屋に関して見取り図を作ることができます。部屋の間取りを書いて、そこに今置いてある荷物を書き入れていきます。ベッドであったり本棚、机などを書き入れていくことができます。これについては、今住んでいる状態ですから容易に書くことができます。引越をする場合には、新居について考える必要があります。下見などをする時、だいたい物を置く場所などを検討することがあります。この時は、おおまかに決めているだけです。

その後正式に物件を契約して、物をどう置くかを決めることになります。賃貸への引越をする手続きでは、新居の見取り図を作成しておきます。このとき、紙で旧居の物を作っておき、それを切り取って新居に当てはめていくと良いかもしれません。旧居にあったベッドを新居に置くとどれくらいのスペースを取るかなどがわかります。ぎりぎり置けると思っていたけれども、紙面においては置けないこともあります。その場合は別の置き方を検討します。

そして、それを完成させて、引越し当日に使います。コピーをして、作業員の人にも渡しておけば、それが指示書のようにもなります。タンスをここに置き、テレビをここに置くなどがわかります。業者からアドバイスがもらえることもあります。

その他の記事

Copyright (C)2017賃貸へ引越す場合の手続きの仕方.All rights reserved.