賃貸への引越で、作業が原因と思われる不具合が出た場合、業者に連絡をして証明をとってもらいます。

賃貸へ引越す場合の手続きの仕方

賃貸へ引越す場合の手続きの仕方

賃貸への引越で作業が原因の故障が出た場合

引越をきっかけに家電製品などの調子がおかしくなってしまうことがあります。家電製品の中には、振動に弱いものであったり、衝撃に弱いものがあります。最近のものは電子的な制御ができるものが多いです。電気コードはつながっていても、少しマイクロチップの部分がずれたりするだけで故障してしまうことがあります。便利にはなっていますが、その分故障しやすいといっても良いかもしれません。起きたときには要注意になるでしょう。

人によっては仕方ないと思うこともありますが、高いものの場合は仕方ないでは済ませたくないでしょう。賃貸への引越において、作業後に使っている家電製品の中で、明らかに作業後に使い勝手が変わってしまったものがありました。作業が原因ではないかと予想されます。このときにはどうしたら良いでしょうか。業者によって異なりますが、ある業者では、そのようなことがあったら保険がありますからすぐに連絡をしてくださいといってくれていました。

作業をした日から1年以内に何らかの問題が起きたときに、作業中のものであるとの証明をしたうえで、修理費用について規約どおりの費用を支払ってくれるとのことです。問題が起きた時のことが事前に対応されるのはつかります。

その他の記事

オススメのサイト

Copyright (C)2017賃貸へ引越す場合の手続きの仕方.All rights reserved.