賃貸への引越をする時、形の違うカップは梱包が大変になります。カップ専用の梱包ケースを用意してくれました。

賃貸へ引越す場合の手続きの仕方

賃貸へ引越す場合の手続きの仕方

賃貸への引越で形の違うカップの梱包が面倒

一人暮らしであれば、飲み物を飲む時のカップなどもそれほど多くないでしょう。ビールしか飲まなければグラスしか置いていないことがあります。コーヒーしか飲まなければコーヒーカップだけで十分です。しかし、家族がいる場合は、その家族分のカップが必要です。それぞれが冷たい飲みもの、コーヒー、お茶を飲むためのカップなどを持っている場合、結構な数になってきます。それぞれ形が違うので、梱包にも苦労することがあります。

賃貸物件への引越においては、カップを荷造りするときは、一つ一つ包みます。湯のみのように取っ手がないものはただ包むだけでよいですが、取っ手があるものに関しては、取っ手部分を丁寧に行わないととれてしまうことがあります。気を遣う部分位なるでしょう。ある業者では、カップを梱包するための専用の箱を用意してくれました。コップの高さを変えることができるので、コップに合わせて入れていくことができます。更に便利な部分があります。

取っ手があるカップも、特に梱包をせずにそのまま入れることができるようになっています。取っ手をもって、ケースに詰めるだけで梱包ができます。梱包から出すときも、取っ手をもって取り出すことができるのです。

その他の記事

オススメのサイト

Copyright (C)2017賃貸へ引越す場合の手続きの仕方.All rights reserved.