賃貸への引越しをする時、靴箱の防臭手続きをしておいたほうが良いです。備え付けの場合、前住人のにおいがあります。

賃貸へ引越す場合の手続きの仕方

賃貸へ引越す場合の手続きの仕方

賃貸への引越し時に靴箱の防臭

新築の一戸建ての場合、多くにおいては木の香りがすると思います。まだ誰も住んでいませんから、木の香り、畳の香りなど自然の香りがしてきます。しかし、人が住むようになると、人のにおいがつきます。自分たちが住めば自分たちのにおいなのであまり気になりません。これが他人になると気になることもあります。前に住んでいた人がいるなら、その人達のにおいがついていることがあります。においはなかなか取ることができないものです。

住んでいればそのうち自分たちのにおいがついてくるのですが、においに敏感な人もいます。賃貸への引越しをする時、部屋の中のにおいについてはそれほど気になりませんでした。窓を開けたり、換気扇をまわすなどしていればそのうち慣れるレベルです。しかし、ある部分には驚きました。それは備え付けの靴箱です。下見の時も開けてチェックしたつもりでしたが、あまりにおいは気づきませんでした。靴を入れる段階で、きついにおいを感じたのです。

引越し業者において、靴箱の防臭対策のためのシートを用意してくれていました。そちらを敷くことで、防臭であったり、防かびなどの効果があるとのことです。それを敷いてすぐに効果があるわけではないですが、自分たちのにおいも消せます。

その他の記事

Copyright (C)2017賃貸へ引越す場合の手続きの仕方.All rights reserved.