賃貸への引越し手続きで予定日が雨だとわかった場合、2日前であればキャンセル料なしに変更可があります。

賃貸へ引越す場合の手続きの仕方

賃貸へ引越す場合の手続きの仕方

賃貸への引越し手続きで引越し予定日2日前に雨だとわかる

天気予報の精度の高さには驚かされます。今は1週間の天気予報を事前にしてくれることがあります。ずっと天気なのに数日後だけ雨マークになっていました。実際その日だけしっかり雨が降りました。予想に関しては、現在の気象データと過去のデータ等からコンピューターでの計算、気象予報士の考えなどを元に行われるそうです。ですから、テレビ局によって、気象予報士によって少し異なることがあります。それでも大きく違うようなことはありません。

賃貸に引越し手続きを進めていて、予定日が2日後に迫っている時です。天気予報を見るとその日だけ大雨が降るとなっています。当日に大雨が降ったとしてもその場で取りやめるわけにはいきません。キャンセル料などが発生してしまうからです。業者にもよりますが、2日前であればキャンセル料なしに中止や変更してもらえることがあります。天気予報に対してどれだけ信用するかもありますが、信用するなら2日前にキャンセルしましょう。

大雨が降っている中で作業をすれば、荷物が濡れてしまう可能性が出てきます。業者の方も対応はしてくれますが、荷物が濡れなくても部屋の中が濡れてしまうことはあります。その日しかできないなら行いますが、他の日もあるなら変更を検討します。

その他の記事

オススメのサイト

Copyright (C)2017賃貸へ引越す場合の手続きの仕方.All rights reserved.