賃貸の引越し手続きをする時、複数業者が下見に来るならバッテイングを避けて調整するようにします。

賃貸へ引越す場合の手続きの仕方

賃貸へ引越す場合の手続きの仕方

賃貸の引越し手続きで業者下見のスケジュール調整

会社でシステムを導入するとき、業者間でプレゼンテーションをしてもらうことがあります。その時はいくつかの業者が同じ席についてもらい、それぞれのプレゼンを見ながら自身もしてもらう形を取ることがあります。その場で決定されることもありますし、後日決まった業者に連絡をすることもあります。プレゼンをする側としては緊張するものです。同業者のプレゼンを見ることができることもあり、この方法を好む業者もあると聞きました。

いくつかの業者が一緒にいればその場で価格の競争をしてくれることがあります。決める方からすると期待したいのですが、業者のバッティングについては好ましくないとすることもあります。賃貸の引越し手続きにおいて、数社に絞った業者に実際に下見に来てもらって正式な見積をしてもらうことがあります。このとき、どのように業者を呼ぶかです。バッティングをしないように、時間を開けるなり、日程を別にするなりする配慮が必要になります。

その上で、決めたところに連絡を入れるようにします。見積もりをしてもらったあとは、あまり日にちを空けずに返事をします。見積には期限が付けられていることが多く、引越は季節変動が激しいので期限も短いことが多いです。

その他の記事

Copyright (C)2017賃貸へ引越す場合の手続きの仕方.All rights reserved.