賃貸への引越し手続きをする時、自動車を運転しない人は一方通行などを業者に伝えられないことがあります。

賃貸へ引越す場合の手続きの仕方

賃貸へ引越す場合の手続きの仕方

賃貸への引越し手続きで自動車を運転しない人の注意

自動車に関して、免許を持って実際に運転している人、免許はあるけどもペーパードライバーの人、免許を持っていない人がいます。実際に運転している人は、交通標識などについても自然に目に入ります。特に自動車に関係のある標識です。しかし、普段運転しない人はそれらの標識を意識しないことがあります。歩行者や自転車の人に関係のない標識としては一方通行があります。なんとなく一方向にしか行かないのはわかっていても、本当にそうかはわかりません。

賃貸への引越し手続きをする時、引越し業者に周辺の道路状況について伝えることがあります。その時には、一方通行がある場合にはその情報を伝える必要があります。自動車に乗っている人なら、迷うことなくどこが一方通行かわかります。乗らない人はわからないために、調べることができなかったりするのです。誤って教えてしまったために、遠回りになったり、大きなトラックが進入できない場合があります。引越し作業に影響がでてしまいます。

一方通行以外に、渋滞しやすい道路や、気をつけた方がいい交差点などの情報なども普段乗っている人とそうでない人とで違いがあります。新居の場合は不動産会社に道路の情報を伝えてもらいましょう。不動産会社は下見など車で行くからです。

その他の記事

オススメのサイト

Copyright (C)2017賃貸へ引越す場合の手続きの仕方.All rights reserved.